これは欲しい!物欲Navi

「これは欲しい」「これは買いたい」という逸品を集めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する

新型インフルエンザ予防に有効なマスクとは?

ついに日本国内でも感染者が発生してしまった新型インフルエンザ。

予防にはうがいと手洗いの励行、外出時のマスクが有効とされていますが、中でもウイルス対策に効果があると評判なのがシキボウのフルテクトマスクです。

B0027WIUHEフルテクトマスク(30枚入り) 新型インフルエンザ対策に!4層 抗ウイルスマスク
shikibo


●高い抗ウイルス効果
もともとSARS騒ぎのときに有名になったマスクで、高い抗ウイスル効果を持つ特殊な4層構造の繊維を使用しているのがウリです。鼻にピッタリとフィットして、隙間からのウイルスの侵入も防いでくれます。

●「やり過ぎ感」のないデザイン
N95マスクのデザインにやり過ぎ感を覚えるような方にはちょうどよいかと思います。1枚160円程度と価格も決して高くないのも嬉しいところ。

過剰反応で大げさな対応をするのも考えものですが、備えあれば憂い無しとも言います。
とりあえず手に入るときに入手しておいたほうが安心ではありますね。
スポンサーサイト
ブックマークに追加する

テーマ:これほしい! - ジャンル:趣味・実用

マイクロバブル発生器まとめ

近頃話題のマイクロバブル、興味があったので調べてみました。

●マイクロバブルとその効果

マイクロバブルとは超微細な気泡のことで、高い洗浄力を持っています。
これまでは、河川の清浄化や精密機械や食物などの洗浄、またはペットショップなどでの業務用として利用されてきました。

少し前までは高価な業務用のマイクロバブル発生装置しかありませんでしたが、最近になって家庭用に小型で安価なマイクロバブル発生器が生まれてきました。

家庭向けの用途としては、強いシャンプーなどの洗剤を使わず、髪や肌の汚れをやさしく汚れを落とすことができるというのがウリ。 敏感肌の方や、犬などのペットを飼っている方にはよさそうに感じます。

●マイクロバブル発生器のタイプ

マイクロバブル発生器には、大きく分けて以下のようなものがあります。
・循環タイプのマイクロバブル発生器
・シャワータイプのマイクロバブル発生器
・自作のマイクロバブル発生器

●循環タイプのマイクロバブル発生器

[形状]
据え置き型のポンプからホースが2本出ている

[設置方法]
バスタブに湯を張って吐出ホース・吸入ホースを沈める

[商品名]
ペットあわわ
オゾンマイクロバブルシャワー オーミュー
・ワンダフリー

など

[価格]
明記していない場合が多い。定価で30万円程度?

[注意点]
バスタブに湯を張ってそこから吸水するので、蛇口からそのまま繋ぐという使い方はできない。
また、循環させるという構造上、汚れが溜まりやすいので衛生面に注意という話も。

●シャワータイプのマイクロバブル発生器

[形状]
マイクロバブル発生部がシャワーヘッドに内蔵されている、
あるいは本体とシャワーヘッドをホースで繋いだ形状

[設置方法]
シャワーヘッドを交換、またはホースを根本から交換

[商品名]
ミニバブ
ベスティ
バブルマーメイド
など

[価格]
12,000円~15,000円ぐらい。
ミニバブは27,500円と高め。

[注意点]
・思ったよりマイクロバブルの量が少ない、シャワーの勢いが減った、水温の調整が不安定になったなどの報告あり。

●マイクロバブル発生器の自作

アスピレーターと呼ばれる器具を買ってきてホースに繋げばマイクロバブルを発生させることができるようです。
材料費は数千円なので、工作好きな人はどうぞ。

参考:
ドッグウォーカー博士のスローライフ:マイクロバブルで皮膚病を治そう! - livedoor Blog(ブログ)
マイクロバブル装置自作

■まとめ

昔はマイクロバブル発生器は循環タイプしか無かったみたいですが、今から買うなら循環タイプは無いですね。高いし、本体が邪魔だし、お湯張り必須で使いにくそうだし。自作も面白そうだけど、水漏れとかすると面倒。

なので、とりあえずベスティバブルマーメイドあたりを買ってみて、温度が不安定、水圧が足りないという問題がどの程度か試してみようと思います。

ブックマークに追加する

テーマ:ペットを愛する人の必見情報 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。